メンバーインタビュー
on 2022.08.03

高い壁ほどワクワクする」元塾講師の熱血エンジニア

高い壁ほどワクワクする」元塾講師の熱血エンジニア

E3コミュニティーのエンジニアの皆さんへのインタビュー。今回は元塾講師で、現在Webアプリの運営に携わっているH.Mさんにお話を伺いました。塾講師を目指したきっかけやエンジニアに転身した理由、今後の展望についても熱く語っていただきました!

ライター:荒井啓仁  編集:株式会社TOGL

フロントとサーバーの両立を目指して。ある現場のおかげで腕を磨けた

ーー現在のお仕事について教えて下さい。

現在は、通信事業会社が運営しているアプリの開発と機能改善業務に参加中です。自分はサーバーサイドとフロントサイド両方やらせてもらっています。

ーーエンジニアのタイプとしては、サーバーとフロントどちらがメインでしょうか?

7:3でサーバーの方が得意ですね。両立を目指していますが、フロント側は現場での経験が足りていなく、まだまだ課題が多いと思っています。

ーーお仕事ではどういった言語をお使いですか?

サーバーサイドでは、Java、Spiring Boot。データベースはMysplを使っています。フロントサイドだとJavaScript、TypeScript。フレームワークならVue.js、Nuxt.js。特筆すべきではないかもしれませんが、HTML、CSSも使えます。

ーースキルアップを実感できた現場はありましたか?

一番感謝しているのは、最初にコーディングを任せていただいたベンチャー企業さんです。コーディング未経験にも関わらず、設計書づくりから改修、新規の実装まで任せていただき、最終的にはサーバーとフロント両方の経験を積むことができました。あそこでの経験が無ければエンジニアとして仕事を続けることができなかったかもしれません。

ーー良い会社に巡り会えましたね。

良い面だけでなく、反面教師というか勉強になった部分もありました。人手が少ない上に年棒制だったこともあり、仕事はどんどん増えるのですが給料はほとんど変わらない状態が続いてしまいまして……。「なんでも良いからやります!」という姿勢も大切ですが、安請け合いによって使い潰されてしまう危険性も学べました。自分の芯を持って、自分を高く売っていかないといけない。技術を学びつつエンジニアとしての心構えを得ることができたので、今でも感謝しています。

続きを読むにはE3会員登録(オンライン面談)が必要です。

オンライン面談を申し込む