メンバーインタビュー
on 2022.07.29

良きプレイングマネージャーを目指すエンジニア。モバイル開発の魅力とは?

良きプレイングマネージャーを目指すエンジニア。モバイル開発の魅力とは?

E3コミュニティーのエンジニアの皆さんへのインタビュー。今回は大手ファッション通販サイトにてフィットネスアプリの開発に携わっているY.Tさんへのインタビュー。ご自身で成長を感じることができた現場でのお話や、今後なりたいエンジニア像についてもお伺いしています。

ライター:荒井啓仁  編集:株式会社TOGL

大手ファッション通販サイトでモバイル開発

ーー現在のお仕事についてお伺いさせてください。

大手ファッション通販サイト系列の現場でモバイルエンジニアをしています。社内の技術を活用したフィットネスアプリの開発に参加しています。
アメリカで配信するアプリのため、開発以外にUI/UXの改善点の洗い出しや、チーム開発のやり方を改善することも行っています。

ーーアメリカで配信ということは、現地の方ともお仕事されているのでしょうか?

そうですね。現地にもチームがあり、デザイナーなども現地の方です。デザインセンスなど、日本とは違う感性で作られたものが多いので、良い刺激になっています。

ーー現在はフリーで参加されているのでしょうか?

フリーランスとして働いていた時期もありましたが、現在の会社には正社員として参加しています。

ーー現在の会社にはどうやって入社されたのでしょうか?

Wantedly経由で入社しました。何社か応募していたのですが、今の会社からは直接スカウトが来ました。かなり大きい会社なので、最初は「こんな大きいところからスカウトが来るわけない」と疑っていました(笑)。

ーーフリーランスで働いていた期間は長かったのでしょうか?

2016年の10月から2018年の4月くらいなので、あまり長くはないですね。

ーー正社員雇用に戻ったきっかけは何かありますか?

2018年に監視カメラをクラウド管理する業務にフリーで参加していました。CTOから雇用や要件ヒアリングなども含めたマネジメント業務も任せたいと打診され、正社員に誘われたのがきっかけです。

ーーマネジメント業務は他でも経験されたのでしょうか?

この会社だけです。テックリーダー兼チームリーダーとして働いていました。

ーーマネジメントをした際、大変だったことはありましたか?

ビジネスサイドやデザイナーなど、コードを書かない人へ仕様や実装について説明する際に苦労しました。

ーーそれは大変でしたね。

部長やCTOにも相談して、方法を模索していたのですが、エンジニア以外のメンバーにもプログラミングを勉強してもらう方法で解決しました。立ち上げは大変でしたが、エンジニアと非開発側でのコミュニケーションが円滑に行われるようになりました。

ーー言語は何を使われますか?

KotlinやSwiftを主に使っています。昔のプロダクトではJavaも10年ほど使っていましたし、ObjectiveCやC#.netも使えます。

続きを読むにはE3会員登録(オンライン面談)が必要です。

オンライン面談を申し込む