メンバーインタビュー
on 2022.05.27

コロナ禍で1年間休養。今まで見向きもしなかった映像制作に挑戦したITコンサルタント

コロナ禍で1年間休養。今まで見向きもしなかった映像制作に挑戦したITコンサルタント

E3コミュニティーのエンジニアの皆さんへのインタビュー。今回はITコンサルタントとしてご活躍のI.Tさんにお話を伺いました。ご自身のルーツにまつわるお話や、技術支援を行う上での苦労話などお話しいただきました。コロナ禍では1年ほどお仕事を休み、さまざまな研究を行ったそうですよ。

ライター:荒井啓仁  編集:株式会社TOGL

炎上現場をPMOとして解決した経験から、現在はITコンサルタントとして技術支援

ーー現在のお仕事について教えてください。

ITコンサルタントとして、工業製品メーカーの施策立案の支援をさせていただいています。基本はフロント業務ですが、これからIT活用を進めたいという段階なので、今後の業務に活用できるのか、最適化できるのかなどの検討も含めて支援しています。

ーーITコンサルタント業務はいつからやられているのでしょうか?

もともとSEからプログラマーも経験しPMOもやっていたのですが、その延長というか。5、6年前から監修や支援を含めたITコンサルタントの案件でお声がけいただくことが増えました。

ーーITコンサルタントなどの技術支援職は、ご自身に合っていると感じますか?

開発なども経験した中で、技術支援が一番自分に合っていると感じます。人によっては大変かもしれませんが、案件ごとに必要とされる知識を、なるべく早く集めて調べる過程も謎解き感覚で楽しめています。

ーーITコンサルタントとしてお仕事を始められたきっかけは何でしょうか?

開発時代に参加していたあるプロジェクトが、大きな案件なのに準備を整えないまま始まってしまったことがありまして。割けるリソースもはっきりしていないし、メンバー間の技術の格差もある上に連絡体制もボロボロというひどい状態だったんです。そこを自分がPMOとして正したのが一番最初ですね。その実績もあり、ITコンサルタントを始めとした技術支援のお仕事が来るようになりました。

続きを読むにはE3会員登録(オンライン面談)が必要です。

オンライン面談を申し込む