メンバーインタビュー
on 2022.08.26

営業からエンジニアへ。世界に通用するプロダクトに携わりたい

営業からエンジニアへ。世界に通用するプロダクトに携わりたい

E3に所属しているエンジニアの皆様へのインタビュー企画。今回は現在フロントエンドの開発やお客さんとの折衝を行っているTさんへインタビューさせていただきました。学生時代の専攻は機械工学で、営業職としてIT業界に入られたそう。機械工学の道からIT業界へ、営業からエンジニアに転身したキャリアや、今後のビジョンについてお伺いしました。

ライター:荒井啓仁 編集:株式会社TOGL

現在はフロントエンドを中心に活躍中!

ーー現在のお仕事についてお伺いさせてください。

現在は受託開発がメインの会社に参加しています。フロントエンド寄りの開発や実装、お客さんとのディレクション業務が中心です。

ーーフロントエンドの経歴は長いのでしょうか?

フロントエンドを触ったのは今の会社からで、3年ほどです。エンジニアに転職してから1年ほどはWebアプリや業務系でバックエンドの開発経験を積ませていただきました。

ーー言語は何を使われていますか?

ほとんどフロント周りです。HTML、CSSは当然として、JavaScript、TypeScript、Vue.js、Reactあたりを業務で使っています。フロントの修正に絡んでPHP辺りも触れる機会が多いです。

ーーエンジニアに転職されたとのことですが、以前はどういったお仕事をされていたのでしょうか?

同じIT業界ですが、以前は営業でした。

ーー営業からエンジニアに転職しようと思ったきっかけは何かありますか?

お客さんと要件を固める際、もどかしさを感じたのが最初のきっかけだと思います。開発担当に「できない」と言われたらお客さんにそう伝えることしかできない。開発の知識を身につけ、何故できないのか、代替案はないのかなど自分で納得してからお客さんに伝えたいと思っていました。

ーーエンジニアとしてやりがいを感じる瞬間はありますか?

作った物が世に出て、自分が知らないところで使ってもらえていると気づいた瞬間です。現在は受託の会社なので、自分が作っているとは言えないものがほとんどですが(笑)。案件によってはサービスを運用しているポジションの方から、ユーザーからの反響が良いです!と、褒めていただけると嬉しいですね。

ーーエンジニアとしては今後フロントエンドをメインに続けていくのでしょうか?

ディレクションなどの上流工程に興味があるので、生涯開発に専念したいというわけではないです。

続きを読むにはE3会員登録(オンライン面談)が必要です。

オンライン面談を申し込む