メンバーインタビュー
on 2020.10.29

「最終的に宇宙に行きたい」テストエンジニアとして働くH.Kさん(E3メンバーインタビュー)

「最終的に宇宙に行きたい」テストエンジニアとして働く川久保さん(E3メンバーインタビュー)

E3コミュニティメンバーの皆さんはどんな思いで仕事をしているのか。今までの経歴や成功・失敗体験も含めてお話を伺っていきます。今回インタビューしたのはH.Kさん。ある企業でフリーのテストエンジニアとして働かれています。もともとはCGを学び、探偵を志したKさんの野望は宇宙に行くこと!? 会社員「あるある」の話も伺いました。

いまの仕事につながるまで。エンジニア×探偵のような動き?

――Kさんはいまどんなお仕事をされているんですか?

Kさん:いまは医療系サービス企業でフリーのテストエンジニアとして働いています。コロナ禍になってから製品がよく売れるようになり、開発・問い合わせの案件が増えていますね。QAがメインなんですが、仕様書を書いたり、ビジネス側の調整をしたりPMもやっている状況です。

――エンジニアの仕事はどういう経緯でスタートされたんですか?

Kさん:学生時代は専門学校でCGのプログラムを書いていたんです。就職したのが外資系のセキュリティ関連企業で、そこでネットワークの仕事を覚えました。ただ残業が多いしあまり楽しくなくて……脱出先(転職先)をじんわり探していました。そこでリーマンショックが来て、そのタイミングで辞めました。

――最初の会社を辞められてからはどうしたんですか。

Kさん:転職しようにも、自分はエンジニア以外にはお金をもらえる業種がないなあと思ったんです。大企業はなかなか中途採用がない時期で、私は他の業種の経験がありませんでした。その後はニートをしたり、いろんな会社でサポートエンジニアやセールスエンジニアの仕事をしていましたが、2016年頃にフリーになりました。QA会社に所属して、いろんな現場に行って、プロジェクトが終わるとすぐ他の企業に移動するようなサイクルでした。

続きを読むにはE3会員登録(オンライン面談)が必要です。

オンライン面談を申し込む