メンバーインタビュー
on 2022.09.19

20年後もエンジニアを続けるために。筋トレが趣味のフロントエンドエンジニア

20年後もエンジニアを続けるために。筋トレが趣味のフロントエンドエンジニア

E3に所属するメンバーの皆さんへのインタビュー。今回は、フロントエンドエンジニアとしてご活躍中のK.Yさんにお話伺いました。一時期は週5日正社員として働きつつも、副業として月100時間近く開発に携わったこともあるそうです。現在は筋トレにハマっており、「仕上がっている」肉体を目指しているなど、お仕事以外のお話も伺いました。

現在は医療系アプリのフロントエンドエンジニアとして活躍中

ーー今のお仕事についてお伺いさせてください。

React Nativeを用いた医療系アプリの開発に携わっています。前職での経験もあり、Webとアプリでフロント開発をしています。

ーー現在は正社員でしょうか?

2年前までは正社員として働いていましたが、現在はフリーランスです。

ーー言語は何を使われますか?

JavaScript、TypeScript、Ruby On Rails、Node.jsあたりを使っています。

ーーもともと独立を目指していたのでしょうか?

もともとフリーランスを目指していた訳ではないです。転職活動中の繋ぎとして案件を引き受けています。エンジニア歴は10年ほどですが、5年目から正社員をしつつ、休日や業務後に副業を引き受けていました。

ーー転職ではどういった職場をお探しですか?

グローバルな現場で働きたく探しているのですが、エンジニアとしての待遇と英語力に見合う現場がなかなか見つからず……。
ネイティブレベルの英語を求められてしまうとまだなかなか難しいです。

ーーなるほど。正社員時代、副業は月にどの程度稼働していたのでしょうか?

週5正社員として仕事しつつ、月に100時間ほど副業で稼働していました。

ーーすごいですね……。

趣味もあまり無かったので、とにかく好きなプログラミングをやりたいだけやる毎日でした(笑)。好きなことをやっていたので苦では無かったです。

ーー趣味と実益を兼ねているというか

そうですね。お金が欲しいというより楽しいからやっていました。当時は若かったので肉体的な辛さは感じませんでしたが、今同じような働き方はできませんね(笑)。

ーーエンジニアとしての腕が磨かれそうですね。

エンジニアとして全体的なスキルアップに繫がったと思います。当時はエンジニアとして2社目で、フロントエンドが自分1人しかおらず、いろいろな技術を触ってみたく副業を始めました。5社くらい副業で関わらせていただき、フロントだけではなくバックエンドの開発経験も積めたのは貴重な経験です。

続きを読むにはE3会員登録(オンライン面談)が必要です。

オンライン面談を申し込む