メンバーインタビュー
on 2020.10.05

結婚式向けサービスを開発するT.Iさん「同じつくるなら面白く」(E3メンバーインタビュー)

  結婚式向けサービスを開発する石川智章さん「同じつくるなら面白く」(E3メンバーインタビュー)

E3コミュニティメンバーの皆さんはどんな思いでいま仕事をしているのか。今までの経歴や成功・失敗体験も含めてお話を伺っていきます。今回インタビューしたのはT.Iさん。エアコンの室外機の設計から始まり、ゲームアプリエンジニア、サーバサイドエンジニアとしてキャリアを積み、いまは結婚式向けの写真投稿サービスを新会社で運営されています。お話していくとIさんは「同じつくるなら面白く」をモットーに仕事をされていることが分かりました。

エアコン室外機の開発→ゲーム会社に転職「同じつくるなら面白く」

――いまIさんはどんなお仕事をされているんでしょうか?

Iさん:元々はエンジニアとしてサーバサイド開発やPMといった業務を経験してきました。
現在はこれまでの経験を活かし、アパレル業界向けにIoTサービスを提供している会社で、クライアントがやりたい事、思いをヒアリングしてシステム化後のサービスイメージを提案、その後仕様に落とし込むといった、クライアントとエンジニアの橋渡し役をさせていただいています。

――仕事をする上で心がけていることはありますか?

Iさん:そうですね。受託の仕事でも「このほうが良いんじゃないか」とアイデアが湧いたら提案をするようにしています。
もちろん、不要と言われる場合もありますし、その場合は取り除けるようにして。

続きを読むにはE3会員登録(オンライン面談)が必要です。

オンライン面談を申し込む