メンバーインタビュー
on 2022.11.21

元自動車整備士のバックエンドエンジニア!今後は上流工程を目指して

元自動車整備士のバックエンドエンジニア!今後は上流工程を目指して

E3に参加しているエンジニアの方へのインタビュー企画。今回はバックエンドエンジニアとしてご活躍中のI.Aさんにお話伺いました。エンジニアに転職する前は、自動車整備士として働いていた石岡さん。自動車整備士とエンジニアの共通点や、ご趣味ついてもお聞きしました!

ライター:荒井啓仁

9月から新しい現場にバックエンドエンジニアとして参加!

ーー現在のお仕事について教えて下さい。

フリーランスでバックエンドエンジニアをしております。

ーー現在はどういった現場でお仕事されているのでしょうか?

現在の現場は9月の中旬に入ったばかりで、機能を実装するチームで働いています。

ーー以前はどんな現場でお仕事されていたのでしょうか?

1年半くらい正社員としてWeb制作会社で働いていました。WordPressの構築やWebサイトの作成などフロントエンド寄りの仕事が多かったです。自分以外にバックエンドを見れる人間がいなかったので、サーバー構築や社内のシステム構築も行っていました。

ーーどういうきっかけで現在の現場に参加されたのでしょうか?

SES企業で働いていた際に現場で仲良くなった方が立ち上げられた会社なんです。スタートから参加したわけではないのですが、2〜3年友人として付き合っていく間にビジョンに共感し合流しました。

ーーフリーランスに戻ったのは何か理由があるのでしょうか?

自分のスキルアップのためです。もともとバックエンドがやりたくてIT業界に入りましたが、バックエンド分野に触れることが少なかったのが理由の1つです。良い会社ではあったのですが、バックエンドエンジニアとして成長できていないと思い、フリーランスに戻りました。

ーー現在の現場に入られたきっかけは何でしょうか?

E3大津さんの紹介です。キャリア相談をさせてもらった際に、なりたいエンジニア像などを相談し、何件かもらった候補の中で選ばせていただきました。ここならバックエンドエンジニアとしても成長できそうだし、ディレクションなどもやらせていただけそうだったので。

ーーご自身がエンジニアに向いているな、と思う瞬間はありますか?

作業が楽しい、というのに尽きると思います。限られた時間の中で機能がちゃんと動くように作るのが、数字ゲームやパズルをやっている感覚に近くて楽しいです。

続きを読むにはE3会員登録(オンライン面談)が必要です。

オンライン面談を申し込む