メンバーインタビュー
on 2021.12.08

教育学部のバックボーンを活かしてEdtechに挑戦したい

    教育学部のバックボーンを活かしてEdtechに挑戦したい

    E3コミュニティのエンジニアの皆さんへのインタビュー。今回はフリーのエンジニアとして働く佐々木正太郎さんに最近のお仕事や作業環境、今後やってみたいことについてお話を伺いました。20年のエンジニア経験がある佐々木さんですが、最近ご自身が教育学部であるバックボーンを活かしてEdtechに挑戦したいと考えられるようになってきたそうです。

    ライター:平田提(株式会社TOGL)

    アドテク企業でシステム開発。過去には窓のない部屋で働く日々も



    ――現在のお仕事を教えてください。

    アドテク企業にフリーランスとして参画し、動画広告の配信管理のシステムを開発しています。現在は本番リリースから1年半くらい経過したところです。広告ごとにどういうセグメントの人にどんな頻度で見せるか等を設定して、配信結果も分析できるといったようなものです。

    ――そうなんですね。フリーになったきっかけは何だったんでしょうか?

    システム会社に就職したものの、自分一人で外の開発現場に派遣されることが多くなり、だんだん会社に所属しているメリットが感じられなくなっていきました。それに、すでにフリーで働いている人と同じ職場でいろいろ話を聞いているうちに、自分の成長のためにもフリーになったほうがいいかなと。

    ――これまではどんなキャリアを歩まれてきたんでしょうか。

    新卒から5年ほどは小規模なシステム会社で正社員として働いていました。人材紹介もしているような、30名ぐらいの規模の企業でした。当時は電子マネーのEdyとか金融系のシステムを開発していましたが、その後フリーになって15年ほど経っています。
    経験した業界は人材紹介・保険・クレジットカード・不動産・ニュース・飲食予約・チャットボット・IoT機器管理・教育・動画配信・営業支援・回収代行……もろもろです。
    窓のない部屋で毎日10時間以上働いていたこともあります。

    ――窓のない部屋で……。

    続きを読むにはE3会員登録(オンライン面談)が必要です。

    オンライン面談を申し込む