メンバーインタビュー
on 2022.06.20

若いエンジニアの助けになれれば。長年活躍のITアドバイザー

若いエンジニアの助けになれれば。長年活躍のITアドバイザー

E3コミュニティーのエンジニアの皆さんへのインタビュー。今回はIT商社でアドバイザーとしてご活躍の井上優さんにお話を伺いました。長年プロジェクトの責任者やPMをされてきた井上さん。アドバイザーへ転向したきっかけやお仕事の内容、趣味のキャンプやバイクについてもお話いただいています!

ライター:荒井啓仁  編集:株式会社TOGL

商社でIT部門のアドバイザー

ーー現在のお仕事について教えて下さい。

IT系の商材やネット回線、セキュリティ設備などを扱うIT商社にフリーランスとして参加しています。IT部門のアドバイザーとして技術的な相談や社内開発、ツールの導入推進などを行っています。

ーー現在は1社のみでお仕事されているのでしょうか?

スポットの案件を受けることもありますが、今は1社だけです。

ーー具体的にどういった相談を受けることが多いですか?

主にDXや社内改善に関する相談が多いです。会社が大きくなっていく上での適切な組織づくりやツールの紹介などを行っています。現場レベルの相談だと、ネットワークやセキュリティについての方向性を、現在のトレンドも交えて紹介しています。

ーーその都度新しい情報を仕入れなければいけないのは大変ですね。

新しいものが良いとは限らないので、コストや運用面などで会社に合うかどうか、経験と知識を総動員して案内しています。

ーー現在の現場に参加されて何年ほどでしょうか?

3年です。新型コロナウイルスの影響でリモートワークを導入するタイミングだったので、会社としてはちょうど良かったのかなと思います。

続きを読むにはE3会員登録(オンライン面談)が必要です。

オンライン面談を申し込む