メンバーインタビュー
on 2020.11.02

H.Aさん「良いものを速く・安く・無理なくつくり、利益を出せる集団を」(E3メンバーインタビュー)

赤澤仁士さん「良いものを速く・安く・無理なくつくり、利益を出せる集団を」(E3メンバーインタビュー)

E3コミュニティメンバーの皆さんはどんな思いでいま仕事をしているのか。今までの経歴や成功・失敗体験も含めてお話を伺っていきます。今回インタビューしたのは15年以上フリーランスのエンジニアとして働くH.Aさん。フロントエンド・バックエンド両方に関わっているAさんの課題意識は日本のソフトウェア開発業界特有の商慣習、「人月」計算でした。


システム会社の人月計算は一考の余地あり?

――お仕事はどうやって受託されているんですか?

Aさん:いまは人づてで仕事を紹介されることが多いです。独立した当初は、受発注の掲示板があって、そこで仕事を取り始めました。いまは主に建設業界のDXに関わるディレクターなどをしています。自分でコードを書くときはJSでフロントを書いてバックエンドはLambda等に任せる構成が多いですね。E3の大津さんとは、7年前に大津さんの前職で知り合って以来、E3立ち上げ後はほぼずっと一緒にお仕事させていただいています。

――長年フリーのエンジニアとして働かれていて、「ここは変わったなー」とか逆に「ここは変わってないな」という業界の変化はありますか?

Aさん:変化して良かったのは、先ほども話に出した、AWSのLambdaもその一つですが、ソフトウェア開発を効率的にさせるツールやサービスの充実です。Lambdaは安いし、壊れないし、サーバをなぜイチから立ち上げてたんだろうって思うぐらい(笑)。あと、GitflowやInfrastructure as Code、PrettierとVS Codeを組み合わせた自動コード整形など、私がSEとしてキャリアをスタートした20年前には考えられなかったようなことが、世界中で次々に考案されソフトウェア開発の現場に導入されています。そのことによって、エンジニア1人あたりの生産性や守備範囲がどんどん大きくなっていると感じます。

変わっていないのは、日本のソフトウェア開発業界のクライアントへ「人月」で報酬を請求する慣習です。私は不合理な考え方だと思っています。

――発注側にいるとき、お見積りをもらって「この作業にこんな人月かかるの!?」と思ったことはあります。

続きを読むにはE3会員登録(オンライン面談)が必要です。

オンライン面談を申し込む