メンバーインタビュー
on 2020.12.04

音楽系専門学校からSEに。プログラミングの面白さに目覚めた、S.Sさん(E3メンバーインタビュー)

音楽系専門学校からSEに。プログラミングの面白さに目覚めた、齊藤駿太さん(E3メンバーインタビュー)

E3コミュニティメンバーの皆さんはどんな思いでいま仕事をしているのか。今までの経歴や成功・失敗体験も含めてお話を伺っていきます。今回インタビューしたのはS.Sさん。元々はレコーディングなどの技術を学ぶ音楽系の専門学校におられたSさんですが、いろんなきっかけでシステムエンジニアになり、プログラミングの面白さに目覚めたといいます。今までのキャリアや勉強法について伺いました。

30歳を区切りに独立を決意

――Sさんは会社の代表をされていますが、事業内容はどんなものなんでしょうか?

Sさん:2020年1月に立ち上げた会社で、いま私を含めて社員は2人です。
事業内容はシステムの受託開発がメインです。過去の職歴の中で受託開発の案件に関わる機会も多かったので、自身の経験を活かして独立しました。

――独立のきっかけって何だったんですか?

Sさん:もともとSEとして1社、フロントエンドエンジニアとして2社経験して、前職は代表1人の会社に2人目の社員として参加しました。そこで3年ぐらい勤めた中で案件をどうやって取ってくるのかといった話や、開発会社としてどうやっていくかがだんだん分かってきたこともあって、30歳になる直前、29歳のときに会社をつくりました。30歳という年齢が1つのきっかけでした。

――30歳というのはどういう区切りだったんですか?

続きを読むにはE3会員登録(オンライン面談)が必要です。

オンライン面談を申し込む